admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご存じでしょうか? 

息子の入っている保険では、

今回の事件での保険金は出ませんでした。


もちろん、傷害事件での治療費は健康保険を使えません。

全額自己負担です。

我が家にとっては、かなりの大金でした。


その時は、加害者の両親が払ってくれると信じていたため

すぐに払いました。

払ってもらえないのなら、分割にしておけば良かったです。

高校入学にも、かなりの金額がかかります。

我が家は、ダブル入学でしたので

この時期の出費は、きつかったです。


ひとり親である私

女手ひとつの稼ぎのため

この金額が影響して、夕食のおかずが減りました。

私ひとり、「ご飯食べてきたから。」

そう言って、夕食を抜く日も多かったです。

ずいぶん、節約しても家計は火の車のままです。

正直、民事訴訟のお金は出せない。

そう考えて暗くなりました。





それが・・・

先日、保険証券を調べていると

気になる項目にチェックがある事に気付きました。



「弁護士費用」と「法律相談費用」




早速、問い合わせてみると


”この保険は、被害者となった場合、訴訟費用等の保険金が出ます”


というものでした。


それも、かなりの金額。

息子の事件にも適用可能です。


これで民事訴訟の金額を気にする事なく闘えます。






私自身、こんな保険があるとは知りませんでした。



担当の保険屋さんが勝手に追加していた保険です。



少ない額で今入っている保険に追加できるものだそうです。

こんな保険があるという事をご存じでしたでしょうか。

是非、みなさんの保険も調べてみてください。

もしかすると、ついているのかもしれません。





にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

この記事へのコメント

それは全く知りませんでした。
勉強になりました。ありがとうございます。
月の涙さんもこれで気持ち的に何か変わったのではないですか?
これからも応援しています。
保険って入るとき都合のいいことばかり並べ立てていて、イザ支払いとなると出ないことが多いのですが、こういう制度もあるのですね。
弱者にフォローがあるのは本当にいい保険会社なのでしょう。

残念ながら、私は新たに生命保険に入ることが出来ません。
自動車保険に色々付随できるのでそれである程度カバーしてます。
そういう保険があることも知りませんでした。
でも良かったですね。裁判ならば「本当のこと」をきちんと判断してくれるでしょう。
なにより「裁判になる」ってことが、甘えきった加害者家族たちに対する反省材料になってくれるかも。
子供がしたこと、受験期の特殊な事情が・・なんてことは理由になりません。
人を理由なく(たとえ理由があっても)一方的に傷つけていい理由などないんです。
本当に大変でしょうががんばってくださいね
はい、少し変わりました。
きちんと公的に犯罪であると立証された事は大きいです。
保険の見直しのため、証券とにらみ合っていて気付きましたが、
この保険は、300円/月くらいで付加できるものらしいです。
保険って、難しいものですね。まさかの事態に備えてのことなのに、まさかの時に出ない保険・・・考えものです。この保険は、大手のもので見直しをした時に、これだけ保険屋さんが見直さず残しておいたままでした。これも自動車保険とセットにしておいた総合保険のひとつです。
他にも付加できるものがあるいいですね。
私も、この保険の内容を聞いてびっくりしました。
事件から三年間の期間も設けられており、保険会社の顧問弁護士も紹介してくれるそうです。
相談した弁護士の先生方のお話では、民事訴訟ならば甲子園に名の通った学校にマスコミも黙っていない上、高野連にも関係してくるでしょう、との話でした。
今でも反省のない加害者少年と家族。
いったい何を考えているのでしょうか。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。