admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球映画『ROOKIES -卒業-』 

TVで、毎週欠かさず見た『ROOKIES 』

家族四人、大騒ぎしながら見ました。

リアルタイムで見てるのに、必ず録画

何度も繰り返し見る息子

一番、高校野球映画『ROOKIES -卒業-』の映画を楽しみにしていた息子

映画もみんなで見に行こうと約束していました。



それが・・・

今では全く会話に上らなくなり

プロ野球も見る事はありません。

誰かが言い出したわけでもなく

誰一人として野球の話題に触れる事がなくなりました。

本当は見に行きたくても

野球という話題が出ただけで、動けなくなるのです。

そして、小刻みに震えだす身体



あの時の事を思い出すのでしょうか。

1mと離れず5人が取り囲む中、一方的に暴行を受け続けた息子

無抵抗にもかかわらず、一人が馬乗りになり動けずグッタリとした後も殴り続けたそうです。

助けられた時には、意識が朦朧として瞳孔が開きかかっていたと。

命があっただけでもありがたいと思わなければならないのでしょうか。


せめて、加害者が誠意のひとかけらでも見せてくれるなら

こんな事にはならなかったかもしれません。

いまだ治療費さえ払おうともせぬ加害者と両親

どんな思いで、野球名門校の門をくぐり入学式を迎えたのでしょうか。

私たち親子だけが震えながら生きていかなければならないのでしょうか。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
お久しぶりです。
ごめんなさい。こんな大変なことがあったこと全然知りませんでした。
でも、なんで?どうして?と思うことばかりです。
集団で無抵抗な子に一方的に暴行を加えた子たちが普通に進学できるなんて…親も謝罪にも来ないって…
情報が少ししかないワタシだけど怒りがこみ上げてきます。

命が助かっただけ良かった なんて被害者が思わないといけないなんて悔しくて涙が出てきます。
あんなことやらなければよかった
なんてバカなことしたんだろう
って加害者が自分のしたことを悔いるのが当たり前なのに…
なんて変な世の中なんだろう

月さんの悔しさと息子くんの恐怖を思うと本当に泣けてきます。
ワタシは何も出来ないけど息子くんの体が早く治るよう、心が元気になるように祈ってます。
月さん頑張ってください。でも頑張りすぎる月さんも心配です。
何も出来なくて本当にごめんなさい。
また来ます。
コメントありがとうございます。
このタイトルに驚かれたとの事ですが・・・
この事件を知った上でも、中学校は事件を伏せたまま推薦状を取り消しませんでした。少年野球チームの監督も同じです。高校は入学前の事とはいえ、野球特待生として入学内定後に起こした事件です。有名校であるだけに、事件の件が高野連に問われれば、知らぬでは済まされないと思います。それを承知の上で入学した加害者は、どんな気持ちなのでしょうか?

野球少年みなが同じではないと思います。野球少年は礼儀正しく、良い子が多いですよね。息子の親友も違う高校へ野球特待生として進学しました。ウチへ遊びに来る息子の友達の半数は野球少年です。ほとんどが特待生として進学しました。中には甲子園上常連校へと進んだ子もいます。みんな甲子園へ行く時は、私に招待状を送るからねと約束して入学していきました。みんな息子の自慢の友達です。

応援ありがとうございます。家族のみんなの笑顔が戻る日を信じて頑張ります。
こちらこそ、ご無沙汰しています。
しんままさんの言うとおり、「なんで?どうして?」
毎日、考えない日はありません。
加害者は、自分のした事を悔いているのでしょうか?
悔いているならば、入学はしなかったと思います。
加害者の父親は、私に言ったのですから。
「こんな事をして、一番息子(加害者)がツライのは野球が出来ない事のはず。
そのためにも、入学は辞退するつもりです。」
はっきりと、ご自分から警察の前でも言いました。
今になって気づいたのですが、これは罪を軽くするためだけのパフォーマンスだったのでしょう。
初めから、辞退する気などなかったのです。
加害者だけが得をする、本当に変な世の中です。

また、遊びに来てくださいね。
ありがとう。
本当につらい思いをされましたね・・・
このような事は、決して許されることではありません
忘れることは出来ないですよね

でも・・・ほんの少しづつでも、息子さんをはじめ、ご家族の受けた心の傷が、癒される日を祈っています

いつかきっと、乗り越えられるはずです

私も、応援しています
言葉をかけることしか出来ませんが、月の涙さんや息子さんが、心から笑顔になれたらいいな・・・と心の底から思っています

また来ますねv-22
コメントありがとうございます。

この事件から、とても永い年月を過ごしたように思えます。
毎朝、夢であったのかも・・・
そう願いながら目を覚まします。

いつか、この事を乗り越える事ができる日がくるのでしょうか。
その日が一日も早く来て欲しいと願っています。

言葉をかけていただくだけで、とても励みになり癒されています。
ありがとうございます。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。