admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富田林の河川敷で少年の変死体 顔に殴られた跡 

富田林の河川敷で少年の変死体 顔に殴られた跡

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/265285/


息子の事件と重なります。

被害者の少年は、高校1年生

勉強やスポーツに意欲的に取り組む好青年だったそうです。

記事より抜粋

『中学時代から続けていたサッカー部に所属。同校の中川明恵教頭(52)は「練習熱心で上手だったと聞いている。廊下などですれ違うと、きちんとあいさつしてくれる人なつっこい子だった」』

『1年生の女子生徒(15)は「(大久保さんは)イケメンで性格も良かったので人気があった。悲しんでいる同級生は多く、早く犯人が捕まってほしい」。小学校時代から、大久保さんを知る同級生の母親は「4人家族の次男で、小さい頃から運動神経が抜群。周りから頼りにされていた」と話していた。』

息子もサッカー部でした。
スポーツも勉強も頑張っていました。
中3の春、大手プロダクションからスカウトされたほどの容姿を持っていました。


『捜査本部によると、殺人と死体遺棄容疑で逮捕された府立高校3年の男子生徒(17)=同市=は、「人間の急所だから頭を殴った」と供述。捜査本部は、確実に殺害しようとする強い殺意があったとみている。』

『傷は頭と顔に集中していた。特に頭頂部の傷が深い一方、抵抗したときにできるような傷がないことから、一方的に暴行を加えられたとみられる。』

息子も、頭と顔に集中しての傷
抵抗した時に見られる傷はほとんどありませんでした。
一方的に暴行を加えられたのでしょう。

もし、一歩間違えば

息子はどうなっていたのでしょうか。




にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

この記事へのコメント

そうです。
そこが一番の確信だと思います。
月の涙さんの息子さんはたまたま運良く命はとりとめました。
でも、この記事の被害者のようになった可能性も十分にあったと思います。
もし命をおとしていたら…
加害者は『殺人犯』になっていた、そういうことです。
そこに言い訳は通じるのでしょうか?
言い逃れは通じるのでしょうか?
この記事を読んだ皆さん、自分のお子さんがもし同じことをされたら許せますか?
加害者がどんなに良い人だったとしても、だからと言って大切な自分の子供を痛めつけた行為を理解できますか?
月の涙さんの息子さんが生きていてくれたから色々言えるのであって、あの時もし、通行人の方が止めてくださらなければ、救急車を呼んでくださらなければ、手遅れになっていた可能性もあるのですよ。
殺人犯になっていた可能性は十分にあるのです。
加害者側は、この大事な確信から逃げるような話しだけはしないでほしい。

個人的に怒りをぶつけたようなコメントですみません。
自分の子供だったらと考えてしまうと黙ってはいられませんでした。
最近はほんとに相手や命を軽く見すぎる。
そんなつもりじゃなかったなんて言葉で逃げようとしたりする。

もし、自分の息子が・・・・そう思うとほんとにつらいです。

月の涙さんの息子さんは命は助かったけど、とても消えない深い傷や悲しみを負わせ、家族のみんなや月の涙さんにも負わせている。
その重さがどれほどのものか、なぜわからないのだろうか。ほんとにやりきれない思いがあふれてきます。
いたたまれない事件です・・・
なぜこんなことが起こるのでしょう
本当に 悲しい世の中ですね・・・

せめて 私の周りにいる子供たちには 命の大切さを
伝えていきたい・・・小さなことだけど その小さなことがとても大切ですよね…そうやってひとりひとり思ってほしいです

心からそう思います
このニュースを聞いて真っ先に月の涙さんの息子さんのことを思いました。
運がよかった。この言葉がどれほど重い意味を持っているか、このブログに来ている人は、みんなそう思うでしょう。

本当に、命の大切さを知らない。

小中学生のアンケートで、死んでも生き返ると思っている子供がいる。
恐ろしい事です。

病人を自宅で看取ることがなくなり、病院で死を迎える世の中になって、死ぬとはどういう事か知らずに育つ。

ゲームでリセットすればやり直せる、みたいな感覚しかないのでしょう。
もっともっと、命の大切さを教えることをしなければ、これからも同じことが繰り返される。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。