admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい… 

ふとテレビをつけると 
プロ野球選手が福岡の学校訪問をしているというニュースが流れていました。 
このプロ野球選手は、良かれと思ってしているのでしょう。 
子供達も、喜ぶ子供が多いでしょう。 

でも、私の子供達が通う学校には来てほしくありません。 
彼らには罪はありませんが、彼は…
彼らが来る事は、加害者少年を思いだし 
事件の日へとフラッシュバックします。 
それが、どれだけ残酷で苦しいものなのか。 
私は、この選手を前にした時に、冷静でいられる自信がありません。 



このニュースの後 
福岡市で起きた殺人事件のニュースが流れました。 
周りが止めるのも聞かず、暴行を続けた犯人 
これだけで殺意が認められると。 
犯人が成人ならば、こうなります。 
犯人が少年だけで、なぜ違うのでしょうか? 
息子に暴行を加えた相手が成人だったなら…
目撃者は、みな同じです。
あの時、周りからの止めるの声を無視して殴りつづけた加害者少年 
あのまま暴行が続いていたなら、息子は帰らない家族となっていたと。 

そこまでしても 
罪を認めず、反省もせず 
私は、絶対に許さない。 
一生許さない。 

いえ、死んだ後だって
赦さない。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

この記事へのコメント

許せないの あたり前です・・・
私が 月の涙さんでも 同じ気持ちです!

この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。