admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイシテル-海容-を見て 

見なければいいのだろうけど

見ないといけない

そう思う自分がいて

途中、洗い物に逃げたり

お風呂に入ったり

それでも音声は聞こえてきたりして

なんとなくストーリーだけわかってくる



見てて

悔しかった

「質素なご飯を食べてるんではないか」

「白い狭い部屋にただ独り」

こんな言葉が言えるのは

生きているからこそ

殺された子には、それすら出来ない

家族は、そんな心配すら出来ないのに



ちゃんと見てくれただろうか

加害者家族は自分の事でいっぱいで

被害者家族は、加害者家族の事まで心配して

おかしな家庭だった加害者の家庭

優しさで溢れる被害者の家庭

なぜ、こんな優しい家庭の子が殺されなければならないの?



やっと、平和な心を取り戻そうとしてる時に

加害者の家族からの手紙が届く

忘れる事は出来ないけれど

どうにかして、穏やかになろうとしているのに

自分勝手な感情で手紙を届け

また、事件の日へ被害者家族を引き戻す


これがどんなに残酷な事か

わかっているのだろうか



私も加害者少年の母親から手紙が届いた

形だけの謝罪であり

その後の対応からは

ただの罪を軽くしてもらうだけのパフォーマンスとしか思えない



ドラマを見て

加害者とその家族が反省をし、

涙するなど思わないでほしい。

ただ、自分勝手に行動するだけ

自分たちが助かる方法を考えるだけ

決して、加害者やその家族に同情なんてしないでほしい。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとう!!
本当に・・・
私も、きちんと自分の考えがまとめる事ができれば
同じようにしたいと思っていました。
今は、まだ感情のままに文句ばかりになってしまいそうで。
少し冷静になってから、やってみます。

この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。