admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙(旧タイトル探検より修正) 

なるべく寝ている間に出かけるのだが

目が覚めて、私の姿が見えないと大泣きをする。

その度に、同じ部屋のお兄ちゃん達が慰めてくれていたそうだ。

それでも泣き止まない時は、

看護婦さんが面倒を見ていてくれたみてくれていたのだろう。

ナースステーションで泣き顔のまま指を加えて座っている時もあった。



喘息の発作の間隔が長くなり、

元気になりはじめると、とたんに退屈になるのが子供だ。

病院の売店で絵本を買い読んで聞かせた。

絵本だけでは物足りず、お絵かき帳とクレヨンも購入。

シーツにまではみ出して書いてしまう息子だったため、これは、すぐに取り上げてしまった。

折り紙を覚えたのは、このころだ。

同室のお母さんに教えてもらい、いろんな形のものを作った。

中でも息子のお気に入りは手裏剣だ。

三つ年上の隣のお兄ちゃんのなっちゃんと手裏剣の投げあいっこをする。



なっちゃんは、ひどい交通事故のため手術し、入院していた。

命が助かっただけでも不思議なくらいの事故だったらしい。

なっちゃんが自転車で横断歩道を渡っている時、左折するトラックに巻き込まれたのだと言う。

体中に傷があり、この傷を治すためには身体の成長に合わせ最低でもあと2回は皮膚の移植をしなければならない。

完全なトラック運転手の不注意で起きた事故なのに

なっちゃんにも非があるという相手の保険会社。

このままでは済ませない!絶対に泣き寝入りなんかしないから。

いつもは元気で明るいお母さんも事故の話しになると、目に涙を溜めていた。

子供の前では笑顔のお母さんたちは、トイレの回数が多い。

トイレではなく、洗面所で顔をゴシゴシ洗っている。

泣き顔を子供に悟られぬよう、何度も何度も顔を洗いに行くのだ。


長い入院生活のなっちゃんは、手裏剣をいっぱい持っていた。

金紙銀紙で作られたキラキラ光る手裏剣に息子の目は釘付けだ。

自宅に帰る途中、スーパーで特殊な色紙を買っては手裏剣を折ってあげた。

この頃、100個以上の手裏剣を作らされた覚えがある。

おかげで、退院後の保育所で私は手裏剣のおばちゃんとして子供達の人気者となった。

退院後の息子は、この手裏剣遊びで

長い間の休みを感じさせぬほど、すぐに保育所の友達と馴染める事ができた。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

息子さんは、おかげんいかがですか?
大変でしょうが、頑張ってくださいねv-411
子供は宝物ですものね・・・v-350
我が家の娘は、5歳からバレエを始め、かなり強くなりました。見かけによらずハードな運動なので、小学校に入学してからは、花粉の時期に少しぜいぜいなる程度です。今は、週3回2時間づつのレッスンで頑張ってますよ!
お兄ちゃんは、高校1年生まで野球をやっていましたが、いろいろあって、体操部に変わり、今は情報工学の専門学校に行ってます。自分でさっさと道を決め、成績も1番ですよ!二人ともとっても良い子ですv-410まだまだ大変ですが、お互い頑張りましょうね!
子供たちの笑顔が生きる喜びですから…v-353

リンクさせていただきましたv-290
これからもよろしくお願いしますv-22
コメントありがとうございます。
こうして読んでくださってる方がいると思うと、励みになります。
息子は、中1年まで喘息の発作を起こしていました。
娘さんはバレーなんですね、羨ましい。。。
長女が小さい時にバレエを勧めたのですが・・・拒否されました。
今は、バレー部に入ってるオテンバさんです。
お兄ちゃん、ステキです。自分の道を自分で決める力は、バニラさんが頑張ってきた後ろ姿を見て学んだんでしょうね。私もバニラさんのように前向き頑張りたいと思います。

私もリンクさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。