admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付添 

私が病院に着いた時

待合室に女の子二人が座っていました。

ひとりは、息子と同じ中学の女の子

もうひとりは、息子の彼女でした。


あの日、いつもどおり友達数人と帰宅しようとしていると

加害者少年たちが校門の前で待ち伏せをしていました。

校門を出て、友達数人と共に息子は事件現場へ連れて行かれました。

この時、すでにタイマンを強要されていたそうです。


相手の強暴な容姿から、すでに喧嘩をしても敵わないとわかっていた息子

話し合いによって解決しようと考えた息子

あまりの恐怖に脚は震え、声もトギレトギレでしか出なかったそうです。


一緒にいる友達が止めてくれると期待していたでしょう。

この時の息子にとって、友達や仲間が一番の宝でした。

毎日、学校から帰宅後は友達の話ばかり。

楽しい話に我が家は笑顔でいっぱいでした。


大人も止める事が出来ないほどの加害者少年グループ

中学生である友達が、足がすくみ止められなかったのは仕方のない事だったのかもしれません。


息子の期待は・・・

裏切られました。


誰も止めに入らず

誰も助けを呼ばず

さらには、味方であるはずの友達のひとりが

「邪魔が入らんように、取り囲め。」

そう、叫んだのです。


この時の息子は、どんな気持ちだったのでしょう。

殴られる痛みと心の痛みと、どちらが痛かったのか。



この女の子二人が現場に駆け付け

救急車に同乗し、病院まで付き添ってくれていました。


しばらくして、息子の親友が病院に駆けつけてくれました。

事件を聞き、父親に話し、車を飛ばして来てくれたのでした。

高速を使っても、かなりの時間がかかる距離

息子にとっては、心強かったと思います。


一緒にいた友達の姿を病院で見る事はありませんでした。

この友達のほとんどが、スポーツ推薦や専願によって私立高校への進学が決まっています。

入学先の高校への連絡を恐れたのでしょうか?

それとも・・・



この日、息子は身体だけでなく、心にまで大きな傷を負う事になりました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

自分さえやられるほうにならなければ・・
止めれば今度は自分が・・
いじめの加害者の中にも多いようです。わからなくはないけど、弱いって本当に怖いことだと思います。
その友達はちゃんと自分の罪を認識できたんでしょうか?そういう弱さを持った子は自分が悪いと認めることさえできずに「誰がどうだったから」と逃げがちのような気がします。
せめて止める勇気をみんなが持てる教育を望みたいです。
息子さんの心の傷は、一緒にいた友達のこと大きいのでしょうね。
こちらの話しになるのですが、前に話した集団暴行を受けた娘の同級生…この子と息子さんのこと似ているんですよ。
車に連れこまれたとき、一緒に地元の友達2人といたんです。連れていかれてすぐに目と鼻の先にある交番に言ってくれたら良かったのに…その友達は恐怖で自宅に戻り、親にも話さず部屋にこもっていたそうなんです。怖くて…おそらく息子さんの友達もそうだったのかもしれません。
傷ついたし裏切られた思いがあるのでしょうね。
息子さんの 心の傷…考えると言葉が出ません
一日も 早く傷が癒える日を 祈ります

月の涙さん 息子さんのために 出来る限り いい事を考えてあげてください 
想いは 必ず形になります 
これからの未来の為に・・・
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。