admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目撃者の話 

相手は、私服で見るからにガラの悪い子達

ほとんどが背が高く、

中学生には見えず高校生と思っていたそうです。

相手の子も180センチくらいあります。

かなりガッチリした体型でした。

その見た目だけでも、周りの大人は恐くて誰も止めることが出来なかったそうです。

子供達は、合意の上の喧嘩だと主張したけど

そうは見えず、

ガラの悪い不良が、小さいおとなしい子(息子)を殴っているようにしか見えなかったらしいです。

あれは、喧嘩じゃないからと。

相手は、息子の腰に馬乗りになり頭と顔を集中的に殴りつけていたそうです。

無抵抗な状態なのにもかかわらず、殴り続けるので

たまらなくなって、止めに入ったそうです。

止めてくれた方は女性です。同じくらいの息子さんがいるそうです。

このご時世、止めに入ってくれる方はそんなにいないと思います。

勇気ある女性です。

自分でも、無茶をしたと思ったそうです。



このままでは、とんでもない事になる。

(殺人)になりかねない勢い

そう思い飛び出したそうです。



その女性が見た時は、

息子は、脳震盪を起こしているようで

ぐったりして、瞳孔が開きかけていたそうです。



この時とめに入ってくれてなかったら・・・

救急車を呼んでくれなかったら・・・

考えただけでゾッとします。



彼女から言われた言葉は

あんなにヒドイ事をするヤツは、許してはいけない

言葉に表せないくらいひどかった。

相手の特待なんて取り消してやってください。

一緒にいた子は、全員同罪です。

全員に罪を償わせるのが当たり前

このままでは、ろくな大人にはならない。

傷害で訴えてください。

私は、警察でも何でも証言しますから。



お母さんは、聞くとツライでしょうが・・・

と言いながらも、きちんと話してくださいました。



そして、息子には

自分をもっと大事にして、何があっても逃げなさい、と。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

本当に涙が出ます・・・
この女性は すごい・・・感動です
すごい人です・・・私もこんな人になりたいです
多分 何も考えずに とっさの行動だったのでしょうね・・・さすが母親!母親というのは 本能で子供を守るんですね・・・わが子でも人の子でも関係ない・・・加害者のお母さんもこんな気持ち思い出してほしい!
こんばんは。
ブロとも許可していただいてありがとうございます。

止めに入った女性はとても勇気がありますね。
ちょっと思ったんですが、もし止めに入ったのが女性ではなく
同じ中学生の子や普通の男性だったりしたら・・・。
相手の子はなにをするかと考えると恐ろしいです。
女性に怪我がなくてよかった。

「合意の上の喧嘩」とありますが
これは「リンチ」ではないでしょうか。

なぜ加害者の子はここまでする必要があったのか・・・。
止められなければ殺すつもりだったのか・・・。

月の涙さんもこういった記事を書くのは辛いと思います。
単純な言葉ですいませんが頑張ってください。
コメントありがとうございます。

本当にすごい方です。
お会いしてお話を伺いましたが
やはり、子供さんの件でツライ経験をお持ちでした。
痛みのわかる方なのですね。

私も、こうなりたいと思っています。
コメントありがとうございます。
こちかこそ、ブロともありがとうございます。

ふつうは、そう思いますよね。
この父親から出た言葉は、ウチの息子(被害者関係者)から報復が怖いといわれました。
人の子は殴られても、自分の子が同じ目にあわされるのは勘弁してくれと・・・
そんな中で育ったのですから
いったいどうなっていたのか。

その止めに入った子も息子と同じようになっていたと想像します。
この女性は、帰宅してから震えが止まらなかったそうです。

本当に勇気ある女性です。

> 「合意の上の喧嘩」とありますが
> これは「リンチ」ではないでしょうか。

少年犯罪では、死んだ子より生きてる子の将来を考える法です。
被害者が生きている場合は、被害者は無視して罪を犯した少年の将来を案じる法なのです。
殺すつもりはなかったといえど、成人刑罰ならば殺人未遂も適用される犯罪です。

この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。