admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束 

人は間違いを犯す事もあるかもしれない。

ましてや少年だったら、なお・・・


間違いを犯したなら、心から謝罪をする事

きちんと誠意を見せる事

それが人としての道ではないのだろうか?

私たち親子は、

加害者親子と約束をした。

その約束を果たして欲しい。

その日を首を長くして待っているのだ。


その約束とは、「手紙」だ。

息子を取り囲んだ少年全員からの謝罪の手紙


何度も約束した。

「必ずやります。」そう、言った加害者の両親

「すでに、保護者全員と話をしている。みんなで謝りにくるつもりだ。」

はっきり言った、加害者の父親

ここまで話が進んでいて

何故?

数ヶ月もかかるのだろう?


約束は、守るためにあるもの

それすら、わからない親子なのだろうか。

はじめから、約束を守るつもりはなかったのかもしれない。

果たすつもりのない約束を信じた私たち親子を

笑っていたのかもしれない。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

過ちを犯して素直に謝れない保護者達・・
そんな親だから加害者のような少年が育つのでしょう。
少年達も悪い・・でも一番はその保護者達ですね。

それをほっとく今の世の中もどこかおかしい。。


このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます。
私は、はじめは被害届けを出すつもりはなかったのです。
相手が誠意をもって対処してくれると信じていました。
それを逆手に取った加害者親子
許せない気持ちでいっぱいです。
これが野球界では当たり前に行われているのでしょうか?
そうならば、いつか野球界も相撲界のようになってしまうのではないでしょうか。
おかしな世界です。

コメントありがとうございます。
私は、地元プロ野球チームの応援するために、何度もドームに行っています。
子供達も何度も連れて行きました。
私は、ずば抜けたファンではありませんが、とても熱心なファンの方と知り合いです。
その方々は、本当に野球が大好きです。
息子の事件を聞いた時に、「そんな奴に野球をする資格は無い!」と言ってくれました。
できるなら、一般のかたもですが、野球関係の方にこのブログを読んで欲しいと思っています。
過去は消せないけど、未来に同じような事件が起きないよう、知っていただいて指導していただきたいです。
ありがとうございます。
コメントありがとうございます。
私も、許す事ができません。
加害者の母親は、反省しているフリを装い、私に電話をかけてきては息子の様子を伺っていました。
警察からの事情聴取が行われてからは、全くかかってきません。
それどころか、私からの電話にも出る事はありません。
全ては、パフォーマンスだったのです。
同じ母親として、恥ずかしいです。
絶対に、許せない・・・
ほんとうに・・・
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。