admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年野球チーム 

加害者少年の所属していた少年野球チーム

かなり有名なチームだ。

WBCやオリンピックに出場している選手が出ているから

地元だけでなく全国的に有名なチームなのかもしれない。


このチームの少年達

雨の日も風の日も自転車で練習場まで通っている。

その姿を見て、「感心だなあ。」と、いつも思っていた。


私だけだろうか?

野球少年といえば、「礼儀正しい、規律正しい」

そう思っていた。

自分の息子が野球少年ならいいのになあ。

そう考えていた。


ある日、歩道を歩いていると

加害者の所属するチームではないが、向かいから野球少年の列がやってきた。

急いでいるわけでもないし・・・

すぐ先の歩道が狭まっているため、少年達が通り過ぎるのを止まって待っていた。

すると、少年みんなが帽子を取り、頭を下げ、挨拶をしながら通り過ぎた。

やっぱり、野球少年って素晴らしいなあ。

そう、思っていた。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

この記事を読んで、ある雨の日の出来事を思い出しました。
雨といっても小雨程度。
それでもスピードは落とし加減で車を運転していたら、前方横断歩道に傘をさした小学生低学年くらいの女の子が手を上げて車の停まるのを待っていた。
守られない事が多いけど、横断歩道に人が居たら止まるのは原則。
急ぐわけでなし、スピードも大して出てないので止まるのは簡単な事だった。
彼女は、パタパタと急ぎ足で渡った。
大抵、車が止まると急ぎ足になる(自分もそう)のでその事は気にも留めなかったのだけど、その後が他と違った。
お礼に会釈する人は割と居る。
だけど、彼女はわたしの方を向いて、体をちゃんと曲げて挨拶をしたのです。
正直驚きました。横断歩道で停止するのは義務なのに彼女の「ありがとう」の言葉が聞こえた気がしまて、とてもほんわり良い気持ちになりました。
ご両親のしつけが良いのでしょうね。
ちょっと記事の内容と主旨がずれてるけど、月の涙さんに心優しい女の子のことを知ってもらいたくて書き込みました。


サッカー小僧の息子がいる私も、よく野球少年の礼儀正しさに感心していました。だから月の涙さんと同じことを思うときもよくありました…。
このタイトルとは離れるけれど、間接的に私のブログに思いを綴りました。良かったら読んでください。
娘の同級生が集団暴行を受けたのは去年の夏。被害者は内臓破裂をしていて命も危険な状態でした。幸い命はとりとめましたが、将来後遺症が出るかもしれないと医師に告げられました。加害者は初犯は書類送検のみ、鑑別所や施設に送られたものの数週間で出てきて普通に生活をしています。鑑別所から出てきた主犯は、その日出てきたお祝いを焼き肉屋で盛大にやっていたと、その家族が写真付きでプロフに載せていたと聞きました。
未だに直接謝罪する者は一人もいないそうで、現在も民事で闘っています。
月の涙さんの息子さんが、あともう一発殴られていたら?
勇気を持って助けに入ってくれた通行人の方がいなかったら?
それを加害者は受け止めなければ絶対にいけないと思います。
応援していますから…いつも。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
何度か読みに来ていましたが
すべてを読むのに時間がかかってしまいました。

暴行事件を喧嘩で済ませようとした人たち
特待生として進学した加害者少年。
このままでいい訳がありません。
しかるべき罰を受けるべきだと思います。

スポーツマンシップなんて言葉がありますが
ここ最近はあまり耳にしなくなりました。

帽子をとって挨拶をした野球少年たち。
彼らが、将来事件を起こすような人間にならないことを
祈ります。


私のブログで、月の涙さんのブログを紹介させてください。
埋もれてはいけない事件ですから。
(ご迷惑な時は、お知らせください。記事ごと削除いたします。)
コメントありがとうございます。
そして、心温まるエピソード、ありがとう。
こういう事を聞くと、本当に心がホッとします。
その女の子、ウチの息子のお嫁さんに来てくれるとうrしいのですが・・・
日本は、間違った方向に進んでいるような気がしますが
ちゃんと当たり前の事をきちんとわかって出来る子がいるんですよね。
とても癒されました。ありがとう。
私も、軽い会釈ではなく、きちんと止まって頭を下げるようにしなくちゃ。
本当に、ありがとうございます。

いつもありがとう。
私がこのブログを書くまでになれたのはviviさんのおかげです。
同じサッカー少年の母として出会い、今は真の友となれた気がしています。
シングルママのため、聞いてくれる人がいなくて、途方にくれていた私を支えてくれて、本当にありがとう。
viviさんの娘さんの同級生。
大丈夫でしょうか?
お母さんが同じシングルママであることも有り、気になっていました。
私も、このお母さんのように強くなりたいと思います。
「このままではいけない。」その通りなんです。
もし、このお母さんに会えるなら、「私も応援してます。」と、伝えてください。
そして、「頑張ってください。私で何か力になれるなら言ってください。」と。
ありがとうございます。
内緒さんのような方がいてくれて、救われました。
本当にありがとう。
コメントありがとうございます。

ブログの紹介、ありがとうございます。
marieさんご自身も大変でしょうに・・・
本当に、ありがとうございます。

このブログは、マイナスに引きずり込む要因がたくさんあり
読むのも大変だと思います。

marieさんのように、たくさんの方がこに事件について
「見逃してはいけない事件」そう、感じてほしいと願っています。

これは、まれな事件ではないはずです。
マスコミに取り上げられないだけで、泣いている方がたくさんいます。
こんな事がないように、皆さんに知っていただきたいと思います。

この記事へコメントする














この記事へのトラックバック

いつもの私のブログとは、まったく異なる話題になります。 でも、こんなことは許されてはいけない。 読んでいるだけで、胸が苦しくなる。 ... ...
文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。