admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレン 

救急車のサイレン

以前の私なら、

何かあったのかな?

運ばれている人は大丈夫なのかな?

ただ、そう思って聞いていただけでした。


私の勤務する事務所は、大きな道路のすぐ近くに位置しているため

救急車や消防車、パトカーが通り過ぎるのをよく見かけます。

日に何度も、サイレン音を耳にします。

その度に、聞き流していました。


事務所から息子の通う中学校までは自転車で7~8分ほど

受験生である息子の三者面談や保護者会

会社を抜けさてもらっては、自転車で駆け込んでいました。


仕事で留守が多い私ですが

せめて何かあれば、子供達のところにすぐに駆けつけられる事

子供たちも、何かあればすぐに会社に来れる距離

それが会社選びの条件でした。

あの日も息子のすぐ近くにいたのです。


あの日の夕方

何があったわけでもなく

仕事中、事務所の外に出て空を眺めていました。

仕事に行き詰ったわけでもなく

ただぼんやりとしていた私


けたたましく鳴る救急車のサイレン音

少しだけ離れた場所から聞こえるサイレンを聞いていました。

「中学校の方角かな。

 今から、誰かを乗せ運ぶんだろうな・・・」

見たわけでもないのに、そう考えていました。

ぼんやりとしたまま、サイレンの音が聞こえなくなるまで

空を眺めていたと思います。


その数分後です。

私の携帯が鳴りました。


そう、息子の親友からの電話です。

あのサイレン音・・・

けたたましくなり続けていた救急車のサイレン


あれは、息子を乗せて運ぶ救急車の音だったのです。


風向きからすれば、聞こえなかったかも知れないのに

事務所の中にいれば聞こえなかったかもしれないのに

あの日、間違いなく耳にしたのです。


もしかすると、

あれは息子の叫びだったのかもしれません。

「母さん、ここだよ。傍にきて・・・」

意識を失った息子の叫びだったのではないかと

私には、そう思えてならないのです。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

私の息子も、小学校に入学して間もなく、バイクの事故に会いました。
朝、いってきま~す!と家を出てしばらくして、救急車のサイレンが・・・その直後に我が家の電話が鳴り響き・・・
サイレンを聞きながら、なんとなく胸騒ぎが・・・その時の驚きはも・・・言葉では言い表せません。
幸い軽いけがですみましたが、今でもサイレンを聞くとドキリとします。
母親って、子供の痛みは同じくらい、若しくはそれ以上に痛いものです・・・
だから、月の涙さんも、息子さんと一緒にきっといつか笑えるようになれると思います・・・息子さんは一人じゃない・・・ママが一緒だから・・・息子の痛みはママが一番わかるから・・・絶対にそうなってほしいですv-410
コメントありがとうございます。
バイクの事故ですか?
その時のバニラさんの驚きは、とんでもないものだったでしょう。
軽いけがであっても、その時の気持ちは忘れられませんよね。
虫の知らせなのでしょうか。
今思えば・・・そう感じる時が多いです。
できるなら、子供達の痛み全てを代わってあげたいです。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。