admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイシテル-海容- 

このドラマをどんな思いで見たらいいのか。

少年が少年の命を殺めてしまう・・・

普通では考えられないのだろうが

私は、現実に有り得る事として受け入れられる。



加害者家族の苦しみなど表現しなくていい

加害者が何もしなければ、被害者は苦しまなくて済んだはず

加害者が苦しむのは当たり前の事だ

その子供を育てた親なら、なおの事


私の息子を暴行した加害者の母親の言葉は、

「自分の息子がおかしくなっていってるのに気付いていた。

何か注意をすれば、もっとおかしな道に走ってしまうんじゃないかと思い

何も言えなかった。」

私が、「加害者を殴りたかった」と、言うと

「できれば、殴って欲しかった。」

なぜ、こんな事が被害者の母に向けて言えるのか?

気付いた時に注意していれば

私の息子は、普通の明るい元気な少年でいられたはず。

家族だってPTSDで悩まず、毎日笑顔で過ごせていたはず。

なぜ他人の息子を殴らなければならないのか?

それは、加害者の親の役目じゃないのか?

子供が悪い事をしたのなら、親が正しい事を教えなおすべきではないのか?

警察の前で、罪を逃れようと嘘八百を並べたて、被害者と被害者家族を非難する。

そんな親の元で、加害者少年は更生されるのだろうか?



このドラマを通じて

加害者と加害者家族への同情が集まらない事を願います。

被害者家族の辛さと苦しみをわかってほしい。

犯人が捕まっても、何も教えてもらえず

意見さえ聞いてもらえないという事実を知って欲しい。

被害者家族にできる事は、損害賠償請求訴訟で争う事だけ。

それでも、少年事件を取り扱ってくれる弁護士さんは少ない。

損害賠償請求訴訟で勝ったとしても、その賠償金を払う加害者はほとんどいないのが現実だ。

被害者は、お金が目的ではなく

加害者に罪の重さをわかって欲しくて訴訟を起こしているのだ。


少年法は、何のためにあり、誰のためにあるものなのか

考え直してほしいと思っています。

公式ホームページに書かれたとおり

「現実の世界でこれと類似した残忍な事件が多々起こっている昨今。
このドラマはそれをモチーフにこそしてはいますが、無意義に感情を煽るサスペンスドラマではありません。
登場人物に起こるエピソードと心理描写を丁寧に、そして真摯に綴っていくヒューマンドラマです。」

そうであってほしいと願っています。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

バニラさんのご紹介で参りました。
猫田と申します。

ご心痛…お察しします。
だけど、本当の苦しみは月の涙さんにしかわからないので
軽々しく、
「わかりますよ」
とは言えませんが…

応援しています。
月の涙さんが、笑顔になれる日を(*^◇^*)
コメントありがとうございます。

お心遣い嬉しいです。
哀しい事も多いけど、嬉しい事も多いと信じて頑張ります。

猫って花粉症になるんですか?
ウチの犬も鼻を垂らしています。
花粉症かもしれませんね。

家族みんなで笑い会える日を目指します。
予想ですが(-"-;)

でも…たぶん。。。
月の涙さんの言う
「猫が花粉症」は
「猫(田)が花粉症」
である文章をお読みになったのではないかと
・・・( ̄▽ ̄;)
私が、、花粉症で~す☆アハー☆
コメントありがとうございます。

・・・きっと、、、猫田さんの想像通りです。
てっきり、猫(動物)が鼻を垂れているのとばかり思っていました。
はやとちりで、申し訳ありません。
いつも、ボーッとしてて頼りない母なので、子供達のほうが私の事が心配でならないようです。
こんな私ではありますが、これからも宜しくお願い致します。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。