admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞いてほしい歌があります。 

ひとつ前の記事のコメントの返事です。

きよポン2さんへ

コメントありがとうございます。
気分を害してなどいません。気を使っていただいてのコメントに感謝しています。

いろんな少年事件が起こっています。
それを社会のありようだと片付けていいとは思いません。
今の世の中、大変なことがあっても、真っ直ぐに生きている人のほうが多いのです。
過ちを犯すのは、社会のせいではなく、本人の弱さではないでしょうか。


たくさん考えたのですが、私にコメントの答えは出せそうにありません。

人は誰しも過ちを犯すもの・・・
そうならば、こういう気持ちを持ち続けることが大事なのではないでしょうか。
さだまさし
「償い」





スポンサーサイト

この記事へのコメント

残念ながら私も答えは分かりません。
確かに過ちを犯すのは本人の心によるものだと思います。
私も未だに許す事の出来ていない人間がいます。
しかし自分自身もまた他人にそう思われているかもしれません。
罪を犯した人間、罪を犯さなかった人間、それぞれの心の中は本人にしか分かりません。
弱い人間の弱さを責めても簡単に現実が変わるものではないと思います。
私は他人を非難する度に過去を思い起こし、自分が汚いものの様に思えてきます。
もしかしたらこれから先、自分も重大な罪を犯してしまうかもしれません。

だからこそ罪は第三者によって公平に裁かれるべきだと思います。
また、それができる社会を実現すべく個々人が尽力すべきだと思います。

出すぎた言葉かもしれませんが、月の涙さんが前向きに生きられるよう願っております。
このブログを初めて拝見させていただきました。
息子さんや、親御さんの気持ちは私にはわかりませんし、わかるはずがないです

しかし、相撲の件でもそうですが、スポーツの世界では暴力は当たり前です
それぐらい勝負の世界、実力の世界は厳しいんです
みんな勝つために必死なんです
だから強化部上がりの子は強いんです
監督さんに手を出され指導をうけた子供達は、拳の痛みをしっています
簡単には犯罪なんて犯しません

私的には勉強ばっかやってる子の方が心配です

今はゆとり教育かなんなのかわかりませんが、親も子も弱すぎるんです


みんなスポーツをしてください



何かに必死になってください
このコメントは管理人のみ閲覧できます
難しいですね。
私も、この加害者親子を一生赦す事はできません。

本当に弱い人間は、人を傷つける事はしないのではないでしょうか。

人間とは、もともと汚いものなのかもしれません。

人は、嘘をついたり、人を罵倒したり・・・小さな過ちを重ねながら大人になります。
小さな過ちを重ねる度に、自分の良心がとがめる事を勉強しているはずです。
そして、汚いものに染まらず、一線を超えない事が大事だと思います。
その気持ちを忘れないように子供たちを育てていけたらよいな、と考えています。


私たち親子は、この事件でたくさん学びました。
個々の過去も振り返り、反省し、考えました。

家族の心の絆は、事件の前より強まっているはずです。
少しずつですが、前へ向かって進んでいます。
ありがとうございます。
内容を読み、とても勇気がいったのではないかと思います。

人それぞれの気持ちは、個々のもであり、誰にも全てわかるということはありません。
私自身、少年犯罪で子供を亡くしてしまった親御さんの気持ちは、想像するだけで全てを理解する事はできません。

> しかし、相撲の件でもそうですが、スポーツの世界では暴力は当たり前です

こういう考えの方がいらっしゃるのですね。
私は、匿名さんのように考える事はできません。
スポーツと暴力は別物だと思います。
子供を親がしつけで手を出す事が暴力ですか。
監督が選手の事を思い手を出す事は、暴力と呼ぶのでしょうか。
限度をわかっていてのものは、暴力とは呼ばなくてもいいのではないでしょうか。

ほとんどの監督さんは、選手に手を出した分、心に痛みを負っています。
匿名さんに係わっておられる監督さんは、暴力監督なのですか?
相撲界で起きた事件のような「しつけ」という暴力を奮いながら指導をするのでしょうか?

> それぐらい勝負の世界、実力の世界は厳しいんです
> みんな勝つために必死なんです
> だから強化部上がりの子は強いんです

勝負の世界、実力の世界が厳しいのは知っています。
そのためには、何をしてもいいのでしょうか。
匿名さんの考え方では、スポーツは争いを生むものとなり
オリンピックやワールドカップなど必要ないものとなってしまいませんか。
ボクシングや空手、柔道など格闘技はスポーツであり、暴力ではないはずです。
強い事と暴力は、違います。
スポーツとは、暴力的に強くなるためのものではありません。
精神力をつけるため、心の強い人になるためのものです。
スポーツと暴力を同じと考えるのは危険ではないですか。
それとも、甲子園だけは別のもので、戦争なのでしょうか?

> 監督さんに手を出され指導をうけた子供達は、拳の痛みをしっています
> 簡単には犯罪なんて犯しません

私もそう思っています。
全ての子が犯罪を犯すなど考えていません。
残念ですが、この加害者少年は、犯罪を犯したのです。
この事実は変わりません。

> 私的には勉強ばっかやってる子の方が心配です

勉強を頑張っている子には、良い子が多いです。
心配しなくてはいけないのは、ほんの一部の子だけです。

> みんなスポーツをしてください
> 何かに必死になってください

スポーツには向き不向きがあるので、
何でもいいので、何か必死になる事は、大事だと思います。

コメントありがとうございました。
私も、時々しかお邪魔できていないのですが
心配していました。

あなたがそばにいてくれると思えるだけで、私は、大丈夫です!
ここまで支えてくれて、ありがとう。
今度、報告がてらメールしますね。
(私がとても元気でパワーを分けれるようになるまで、少し待っててくださいね。)

このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする














この記事へのトラックバック

-----
管理人の承認後に表示されます...
文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。