admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月31日 

やっと、この日がきました。

分厚い壁の少年法と

加害者擁護の強い地域の中で

この結果は、かなりキツイものだと思います。

不処分だと諦めかけていたため

私たち家族にとっては、良い知らせでした。

納得できる結果ではないけれど

私たち親子の訴えが、法の上で認められました。


ただし・・・

この結果は、こちらの弁護士との合意の予定が得られたため

これがなければ、もう少しランクが上がっていたかもしれません。

そのはずなのに

加害者親子は、こちらの弁護士と合意せぬまま。

治療費さえも払わぬ状態が続いています。


どこまでも、被害者をバカにし続けるつもりのようです。

法の上でも、認められた事実を

未だ認めるつもりはないのでしょう。

これ以上を認めさせるには、民事訴訟となります。

どうするかは、これから考えます。

こちらは、ギリギリまで譲歩しました。

それでも、加害者親子が聞き入れぬままなら・・・






今回の結果は、学校へ知れ渡るのでしょうか?

このまま隠しとおせるものでしょうか?

私にはわかりません。



同じ高校でなくて、良かったです。







人の噂とは、怖いものです。

今回の事件、

半年も経ってしまったので

忘れる人も多い反面

噂は広まっているようです。



なぜ知っているのかわからないような人から声をかけられ

自分の息子の友達があの高校の特待生にいて、夏休みに耳にいれといたから

そう言われ、驚いています。





この地域では、すでに忘れられようとしている事が

離れた場所では、今から波紋のように広がっていくのかもしれません。



起きてしまった事は、無かった事には出来ない。



悪い事は、してはいけない

そうつくづく感じました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんな私のために、ありがとう。
加害者のためでなく
息子と私自身のために、ギリギリまで譲歩しました。
もうすぐ7カ月
精神的にも体力的にも限界が近づいています。
何より
過去にばかりこだわっていたら
これから輝く未来を持っている息子が
前に進めない、
そう、考えたからです。
民事訴訟は、こちらの弁護士さんとも話し合ってきめますね。

噂は、どうなるのでしょうか。
耳に入れた少年は、野球部の高3という事でした。
私にも、理解できないのです。
この親は、自分の子供が可愛いと感じないのでしょうか?
ただ、野球名門校へ入った事だけが自慢で
そのためだけに、何かにしがみついているように見えます。

お金が欲しいわけではないのですが
何があっても、お金だけはださない!
そういう姿勢が見え見えです。

審判には、弁護士の付添さえ頼まず・・・
このお金をケチるなど
私には考えられません。
我が子を愛する気持ちなどないのかもしれません。

加害者少年がとても哀れです。
過去の事例から見れると
この判断は、初犯の少年ではあり得ないものかもしれません。
それほどに、悪質だと判断されたのか
反省が見えないということだったのか・・・

少年法により詳しく話すことができなくて、ごめんなさい。

加害者の相変わらずの態度は、内緒さんの言うとおり世間をなめているように見えます。
そして、野球界を侮辱している事に気付いてないままだと。

> 悪いことも善いことも、自分の行いはいつか自分にかえってくると私は思っています。
今度の事件で、たくさんの方に言われました。
加害者少年は、プロ野球選手になったとしても
この事件はついてまわります。
この判断は、一生つきまとうものです。
いつか、真から反省してくれる事を願ってやみません。


> おひさしぶりです。
> 司法は正しい判断をしてくださったのですね?
> そこは本当によかったです。
>
> でも加害者側は相変わらずの態度なんですね・・・
> 月の涙さんご一家をなめていると言うよりも、世間をなめているのではないかと思います。
> 人生そんなに甘いわけないです。
> 月の涙さんとご家族の普段からの生活態度が良好だからこそ、周りの方も助けてくださる、お声をかけてくださる。
>
> 加害者側は何を考えているのかわかりませんが、過ちを認めて悔い改めること・・・
> それができないのならば・・・大切なものを失う結果となるでしよう。
>
> 季節の変わり目、お身体に気をつけて。
> 変わらず応援しています。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。