admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして? 

傷害容疑で17歳少年逮捕 兵庫県警
 産経新聞より引用

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/232448

兵庫県警三木署は17日、中学3年の男性生徒(15)に暴行を加えてけがを追わせたとして、傷害の疑いで、三木市在住の無職の少年(17)を逮捕した。少年は容疑を認めている。

 同署の調べでは、少年は16日午後7時10分ごろ、同市志染町の公園で、通っていた中学校の後輩の男子生徒に殴るけるなどの暴行を加え、負傷させた疑いが持たれている。男子生徒は頭にけがをしており、意識不明の重体。


なぜ、こんな事件が起こるのでしょうか?
息子も、通っている中学校の校門前で待ち伏せされ
学校近くの神社に連れて行かれ、暴行を受けました。
この事件の少年達の間に何があったのかはわかりませんが
暴行を加えたのなら、逮捕されて当然です。
加害者の少年が少年法に守られる事無く
きちんとした審判を受けますように。
怪我をされた男子生徒さんが1日も早く回復されますように
お祈り申し上げます。




注意され教師殴る 栃木で中3逮捕
産経新聞より引用

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/223606

栃木県警今市署は19日、教諭を殴りけがをさせたとして、傷害容疑で栃木県日光市立中3年の男子生徒(15)を逮捕した。生徒は「注意されて頭にきた」と容疑を認めているという。

 調べでは、男子生徒は18日午後2時10分ごろ、学校の階段の踊り場で自転車を乗り回しているところを男性教諭(47)に注意され、教諭に殴るけるの暴行を加え、腕や脚に軽傷を負わせた疑い。5時間目が始まった直後で、教諭は校内を巡回していた。


「注意されて頭にきた」
こんな少年が増えているのでしょうか?
心からの反省と謝罪が出来るまで、社会復帰しない事を願っています。

教師を殴れば、軽症でも逮捕されるのでしょうか?
息子は重症です。それでも加害者は、未だに逮捕されていません。
息子と加害者は、全く面識がありませんでした。
加害者は、誰でもよかったのです。
ただ誰かを殴りたかっただけ。
それでも逮捕までいかないのが少年法です。

このおかしな少年法に守られ、野球を続ける加害者
それも、特待生としての特別扱いを受けています。

もしかすると、少年法によって逮捕されない事を知った上での暴行だったのかもしれません。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

タイトルの通り「どうして?」という言葉しか出ませんよね。同じような少年犯罪でこうして逮捕され、報道している例もあるわけですよね。いくら都道府県が違うとはいえ、アメリカのように州で法が違うわけでもないのに…。以前私の身近で起きた同じような少年犯罪の被害者の方が新聞社に聞いたことがあるそうです。でも答えは曖昧だったと言っていました。私の子供の学校のガラスが割られたときテレビや新聞で報道されたんです。理事の方の話しでは、校長が自ら報道の取材を受けたからで普通はガラスが割られる学校=荒れた学校のイメージがあるので、報道をされたくないために取材を受けない、と言っていました。裏の力?そう勘ぐる気持ちが湧いてしまうばかりです。
コメントありがとうございます。

私の住む福岡県では、こういう記事は大きく取り上げられないような気がします。
同じ少年法の基づく審判でも、裁判官の考え方により大きく違うそうです。
それならば、被害者の意見を聞き入れる制度が何故ないのかと不思議になります。
あるにはあるのですが、これは被害者が死亡かかなりの重態の場合となります。
審判があっているのかどうかすら知らされない被害者が言う事は、かなり難しいものです。
この加害者の所属する野球少年チームの顧問はこの地域の市長です。
裏で、大きな力が動いていてもおかしくないかもしれません。
この記事へコメントする














文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

月の涙

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。