admin≫
本の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでいる本から 

少年犯罪や犯罪被害者の本ばかり読んでいましたが

違う本を読んでみたくなりました。

今、読んでいる本です。

絶望から立ち直る方法を教えてください―ダライ・ラマ、デズモンド・ツツ、ベティ・ウィリアムズから、もらった言葉絶望から立ち直る方法を教えてください―ダライ・ラマ、デズモンド・ツツ、ベティ・ウィリアムズから、もらった言葉
(2007/09)
ダライラマ14世デズモンド ツツ

商品詳細を見る



この中に気になったものが書かれていました。

「相手をゆるす」とは
どういうことですか?

ベティ・ウィリアムズの話(抜粋)
私の叔母に息子がいました。彼は撃たれて命を落としました。
葬儀のとき、マスコミが叔母に「今の心境はどうですか?」とひどい質問をしました。
答えないだろうと思っていた叔母は、
「私はダニーの母親であってうれしく思います。自分が彼を殺した人間の母親でなくてよかったです。」と答えました。


どんなにひどい目にあっても、相手をゆるすべきですか?

デズモンド・ツツ・名誉大主教の話
報復は、何の安全をもたらすものでもありません。自爆テロに対して報復したからといって、
さらなる自爆テロを阻止することはできません。むしろ報復とは、自爆テロを再び招くもっとも確実な方法なのです。自爆テロ、報復、報復への報復、報復への報復への報復・・・こうして際限なく続いていくのです。


和解するには何をすればいいですか?

デズモンド・ツツ・名誉大主教の話
たとえば、あなたがだれかのペンを盗み、「ごめんなさい。和解しましょう。どうかゆるしてください」と言いながらそのペンを持ち去ることはありえませんね。和解が成立するためには、問題を起こした側が、自分の犯したことを相殺するだけのつぐないをしなくてはなりません。さもなければ、犠牲者に対してさらに犠牲を払わせることになるでしょう。真の和解が成立するために、加害者は犠牲者に対してつぐないをするために、できる限りのことをしようと努めるべきです。

スポンサーサイト
文字サイズ無限回変更 _
(お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
プロフィール _

Author:月の涙
大切な人を傷つけられた時、あなたならどうしますか?


暗く重い内容のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
思い出したくない事が多く、更新が遅れたりコメントの返事が遅れるかもしれません。
コメントは承認制になっています。
批判等も受け付けますが、このブログの内容に合わないものは削除させていただく場合があります。どうぞ、ご了承ください。

私の心の叫びが届いた方がいましたら、リンクをお願い致します。
このブログにリンクを表示しても良いと思われた方は連絡してください。
少年法という厚い壁に守られた加害者少年が罪に問われる事はありません。でも、このままではいけないのです。
同じような被害者が出ないために、この事件を皆さんに知っていただきたいと思っています。

FC2カウンター _
最新コメント _
FC2ブログランキング _
リンク _
月別アーカイブ _
ブロとも申請フォーム _
QRコード _
QRコード
カテゴリ _
フリーエリア _
読んでください!
RSSリンクの表示 _
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。